Consultants
THE CONSULTANTでは、大学や大学院などで言語について学んだ専門性の高いコンサルタントが、「聞けない」「読むのが遅い」「話せない」などの様々な症状から、その症状の原因となっている課題、つまり知識やスキルの抜けを発見します。正確な課題発見こそが、英語学習コンサルティングの、もっとも重要な手順です。

コンサルティングセッション時には、コンサルタントがあなたの学習の現状に対するアセスメントを行います。筆記形式のテストと対面形式のテストの結果を基に、あなたの学習課題を定量的にも定性的にも特定・分析し、第二言語習得研究の視点からその課題解決にとって最適なホームプログラムをご提案します。

谷原 英利

THE CONSULTANT
チーフエグゼクティブコンサルタント

代表プロフィール

THE CONSULTANT事業代表。東京大学教養学部卒業後、伊藤忠商事に勤務。退社後、米国テキサス工科大学大学院の応用言語学・第二言語習得理論修士課程を(全米大学院生トップ10%に当たる)Phi Kappa Phiにて修了。

リクルートなどを経て、第二言語習得理論に基づく英語教育を日本において実践すべく、恵学社(現:スタディーハッカー)に参画。

代表メッセージ
第二言語習得研究は外国語学習の科学と呼ばれています。その科学的な理論に基づけば、短期間でも効率的な英語学習が可能です。気合と根性だけの精神論とも、根拠なき経験則とも、「英語ができる人」が独自に編み出した再現性の低い勉強法とも、それは全く異なります。働き方改革が叫ばれていますが、学び方も同じ様に無駄を極力省いて楽しくスマートに変えてみませんか?

Rice 恵子

THE CONSULTANT
コンサルタント

東京外国語大学外国語学部卒業、米国コロンビア大学大学院 東アジア言語文化学部修士課程修了。
日本生まれの日本育ち。受験英語では実用に耐えないことに疑問を抱きつつ、外国語教育研究の扉を叩く。国内外の教育機関で20年あまり第二言語教育(日本語・英語)に従事した。

「英語を操れるのは、帰国子女か、相当の努力家だけ。」かつては、私もそう思っていました。そして今、学問的な知見と数多の実例から、お伝えできることがあります。
それは、「誰もが英語を習得できる」ということ。必要なのは「変化を続ける自身の課題点とその解決策を知って、それに忠実に取り組む」ということ。
私たちコンサルタントに、そのお手伝いをさせてください。

黒澤 隆之

THE CONSULTANT
コンサルタント

大学ではサリンジャー、フィッツジェラルド、フォークナーなどのアメリカ文学を専門的に学ぶ。
教育業界での経験も積んだ。アメリカ・ハワイ州やインドネシアの在住経験もある国際派。ENGLISH COMPANY入社後、パーソナルトレーナーとして数多くの受講生の英語力をあげてきた。

英語学習のプロフェッショナルとして、みなさま一人一人の課題を発見し、英語力を上げるための最も効果的な学習方法を提示いたします。「量」ではなく「質」を重視した学習方法をおこなうことで一切無駄なことをさせません。 2ヶ月間、ひとつ、またひとつと課題をクリアしていくことで見えてくる「英語力の向上」という風景をみなさんにお見せすることを約束いたします。

米山 千晴

THE CONSULTANT
コンサルタント

幼少時より英語に親しみ、大学ではカリフォルニア大学サンタクルーズ校に留学。
ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーとして多数の受講生の英語力アップに尽力してきた。より短期間で結果を残したトレーナーのみが認定される「シニアトレーナー」としても認定されている。

ENGLISH COMPANYで培った鋭い課題発見力で、みなさまの課題に対しピンポイントでアプローチすることが可能です。最短距離での英語習得をお手伝いいたします。

種茂 真大

THE CONSULTANT
コンサルタント

上智大学外国語学部英語学科卒業・同大学院言語科学研究科言語学専攻英語教授法(TESOL)コース修了。
社会言語学・批判応用言語学を軸に、6年間一貫して英語教育を研究。全学トップ2%程度の成績に当たる学業優秀賞を2年連続で受賞し、在学中はカナダの名門マギル大学への留学も果たした。

30人が持ち寄る10ヶ国の英語で議論し、200ページの修士論文を英語で書き上げた私も、高校までの約20年間は茶畑に囲まれた公立高校で受験英語に燻っていました。皆様よりもほんの少しだけ早かった言語学との出会いが、私に世界の1/4とコミュニケートする力をくれました。THE CONSULTANTでの2ヶ月が、皆様の新たな物語の始まりとなるよう、全力を尽くします。